ご法要|札幌 ホテル - 新さっぽろアークシティホテル

新さっぽろアークシティホテルでは、故人を偲ぶ大切なひとときを、ご予約から当日のおもてなしまで、
真心のこもった対応でお手伝いいたします。
ご法要をはじめて行う方にも、当ホテルが分りやすく丁寧にご説明いたします。

全会場ご焼香、お線香のご使用が可能です。

御法要のしきたり

仏式法要 - ご法要

四十九日または三十五日が忌明けとなります。
ご逝去の日から七日ごとを忌日とし、供養するのがならわしです。
特に初七日、三十五日、四十九日には親族や知人を招き、読経のあとの会食をいたします。
ご法要は命日、忌日の前に行うことはかまいませんが、ご都合の良い日に決める場合でも命日は過ぎないようにします。
神式法要 - ご法要 神式では、仏式のご法要にあたる儀式を霊祭と呼びます。
葬儀の翌日の翌日祭から五十日祭(仏式の四十九日、忌明けに相当)まで、
十日ごとに行われます。
その後は百日祭、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭とつづき、あとは十年ごとに百年祭まで霊祭を営みます。
キリスト教式 - ご法要 プロテスタントでは、1ヶ月後のご命日に記念式を行います。
その後は一年ごとの命日に記念会を催します。
カトリックでは、ご逝去の日から三日目、七日目、三十日目、その後は毎年ご命日に追悼ミサを執り行います。

ご法要の流れ

<2~3ヶ月前> 会場の空き状況をご確認のうえ、お寺様のご都合を確認して会場のご予約をお申込みできます。
お寺様のご都合が合わなければ、時間の調整等が必要になります。
この際、案内状が必要であれば、案内状の作成申込書をお渡しします。
お申し込み
矢印
<1~2ヶ月前> 申込用紙に日時や氏名、戒名などの必要事項をご記入いただきましたら、約1週間ほどで案内状が出来上がります。
切手の貼り付けや郵送の準備はお客様の作業になります。
※ ご出欠のお返事はご法要当日の10日位前が宜しいかと思います。
案内状の送付
矢印
<10日前> ご法要内容の詳細をお打ち合わせいたします。
出席人数、会食内容、会場レイアウト、お引物手配などを決定します。
ご希望にあわせてお席札も作成いたしますので、名簿をご用意ください。
ホテル担当者との打ち合わせ
矢印
<式前日> 人数の増減などがあれば前日までにご連絡下さい。
当日はご遺影、ご位牌をお忘れなくお持ちください。
最終確認

ご法要当日

お式1時間前ホテル来館
ホテルへご到着されましたら、会場をご確認いただき、祭壇へ遺影、位牌を飾ります。
式のお時間まではロビー又は法要式会場でお待ちください。
矢印
ご法要
式のお時間前にはご法要会場に皆様ご着席のうえお待ちいただけます。
僧侶様の入場後、読経、焼香、法話と進み、僧侶様ご退席の後、施主様は僧侶様へのご挨拶を僧侶控室にて行います。
この間にホテルスタッフが会食会場へお供物や遺影、位牌を移動いたします。
矢印
ご会食
僧侶様へのご挨拶が終わった後、皆様をご会食会場へご案内し、施主様にご挨拶をしていただきご会食に入ります。
献杯をされる際はあらかじめご発声のお客様にお願いしておいたほうが宜しいかと思います。
矢印
ご会食終了
施主様はご出席のお客様にお引物をお渡しし、お帰りになるお客様をお見送りします。
祭壇のお供物や供花は全てお持ち帰りいただきます。
お車までホテルスタッフがお運びのお手伝いをいたします。

このページの上部へ